毎日の暮らしをワインと共にちょっと素敵にしてみませんか♪ NYで少人数制ワインクラスをしています。お問い合わせはaitoavecduvin@gmail.comまで。
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

b0283434_10284789.jpg

2軒目に訪問したのはBillecart-Salmon。BSではセラーツアーに参加しました。
メゾンの歴史や造り方などをカーブを見学しながら説明を受けました。
基礎知識はだいぶはいっているのでメゾンごとの特徴やコダワリを聞き出すのが最近の楽しみです。


b0283434_1028034.jpg

美しい葡萄畑も見学。5月だったのでまだ大きい葡萄はあまりみかけませんでした。


b0283434_10281382.jpg

醸造エリアは清掃中。


b0283434_1030381.jpg

やはり大手だけあって中もキレイで立派でした。

さてお待ちかねの試飲タイム。
ちなみにメニューは3種類。
14 Euros per person for one non-vintage Champagne
24 Euros per person for two non vintages and one vintage Champagne
40 Euros per person for three vintage Champagnes

※飲んだシャンパンは違うメニューを合わせて載せています。


b0283434_1030317.jpg

Brut Rose
40% Chardonnay, Pinot Munier 30%, Pinot Noir 30%。
ロゼで有名なBSのスタンダードな1本。フランスのワイン雑誌La Reveu de Vin de Franceでノンヴィンテージロゼ部門第一位にも輝いた気品のあるロゼの最高峰です。
残糖分9g/L、デゴルジュマンは2009年8月。

b0283434_1031881.jpg

Blanc de Blancs Grand Cru Brut
非常に柔らかく、ブラン・ド・ブランらしいピュアな口当たり。
残糖分は6~7g/L、デゴルジュマンは2009年8月。

b0283434_10312818.jpg

Vintage 2006
70% Pinot Noir、30% Chardonnay。葡萄は4つのGrand Cruから。
Chardonnayのミネラル感もあり、なおかつOak樽に5年も寝かせたコクと長い余韻。
残糖分3g/L。かなりドライな味わい。

b0283434_10314387.jpg

Blanc de Blancs 2004
ややクリーミーなテクスチャー。立ち上がるアロマはイースト香に加えナッティーさも感じなおかつバタリー。
フェンネルも思わす爽やかなフルーティーさ、ミネラル感が長い余韻の中でいつまでも際立っています。
残糖分7g/L、デゴルジュマンは12月(年はメモ忘れ)。


b0283434_10315520.jpg

Cuvée Nicolas François Billecart 1999
Chardonnay 40%, Pinot Noir 60%。
とっても複雑な香り。花や重めのフルーツ、そしてやや甘めのブリオッシュ、スモーキーさもちらり。
99年のシャンパンにしては$100きるのでお買い得ですね。今がちょうど飲み頃です。
残糖分3~4g/L、デゴルジュマン1月(年はメモ忘れ)。



ちなみにBSのロゼはもともと好きでたまに飲んでましたが他にもたくさんの種類が試せて充実の訪問となりました。
ただシャンパーニュにある他の大手のメゾンと比べてもやや割高かな、という印象。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。