毎日の暮らしをワインと共にちょっと素敵にしてみませんか♪ NYで少人数制ワインクラスをしています。お問い合わせはaitoavecduvin@gmail.comまで。
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
b0283434_28562.png


A.O.P.(A.O.C.)ワイン・・・

フランスワインを学ぶ上で恐らく一番最初に理解しなくてはならないのがワインの品質分類。
2009年にEUワイン法の大幅な改定に伴い、以前の分類の

A.O.C.(appellation d’origine controlee) 原産地呼称統制ワイン
A.O.V.D.Q.S.(vin delimites de qualite superieure) 原産地名称上質指定ワイン
Vin de Pays 地酒
Vin de Table 日常用テーブルワイン

の4段階だったのが、

A.O.P. (Appellation d'Origine Protegee)
I.G.P.(Indication Geographique Protegee)
地理的表示のないワイン
の3段階に変わりました。Vin de Paysは名称をPays d'Ocと改めI.G.Pとなり、
その場合(1) 品種名、(2)「Pays d'Oc」、(3)「Indication Geographique Protegee」とラベルに表示されます。


この中で一番品質が良いとされるA.O.P.ワインは生産地域や、葡萄品種、栽培方法、剪定方法、収穫時期や最大収穫量、葡萄の糖度、醸造方法、熟成方法&期間、最低アルコール度数など細かい規定を全てパスした上で専門家がテイスティングを行いそれに合格して初めてA.O.P.と名乗れるわけです。


高品質と言ってもいいと思いますが、もっと厳密に言えばその産地の伝統を尊重し、特徴や個性が守られたワイン、といった感じでしょうか
ヨーロッパはフランスだけではなく各地でこのようにワイン法が定められていて、ワイン造りに対する誇りが伺えますね!

2009年ヴィンテージ以前はA.O.C.ですがその後はA.O.P.と表示されているはずです(未だに以前のA.O.Cを使っているのもありますが)。ぜひ今度フランスワインを手に取った時にこの品質分類の表示を探してみてください。


例えばMedocのA.O.C.ワインなら
Appellation Medoc Controleeなど、d’origineのところにMedocという産地名が入ります。


少し難しいですがここを理解することによってワインの選び方がスマートになってくるはずです。
詳しくはクラスでも説明していますのでお気軽に参加してみてくださいね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。